ぐらはみのブログ~色々なんだりかんだり~

思ったことなど、色々なことを書いていこうと思います。

【映画レビュー】アイアンマン 天才科学者で金持ちのイケメン社長のお話

◆題名

アイアンマン(Iron Man)

 

◆主演等

主演:ロバート・ダウニー・Jr

監督:ジョン・ファヴロー

 

◆あらすじ

主人公のトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は兵器会社の社長、アフガニスタンで自分の兵器のプレゼン中に敵に襲われた、敵の打った作ったミサイル(トニーの自社製)を間一髪よけたが、気を失った。

目が覚めたらゲリラのアジトにさらわれており、命は惜しければそこで兵器を作れと命令されるし、自分の胸には変なパーツがついておりこれで自分はなんとか生き延びていると知る。

そんな逆境の中で敵の目を盗んでその場にある資材でパワードスーツを作り、見事脱出する事が出来た。

ゲリラのアジトには自分の会社が作った兵器が大量にあり、実は兵器が横流しされ、紛争を生んでいることを知った。

トニーはもう自分の会社では兵器を作らないと公言するが、それでも裏で兵器の横流しは止まらずテロの温床となっているのを知る。

その事実に悩んだ結果、ゲリラのアジトから逃げる際に作ったパワードスーツ(マーク1)を元に改良を続け「アイアンマン(マーク3)」を製作、紛争に介入する。

そんな中、自分の会社内ではトニーを解任するという問題が出てきて・・・。

 

◆こんな人に薦めたい

・ダンディな主人公、トニースタークがとにかくカッコいい、ぜひ見てみませんか?

・アイアンマン自体に続編がある上に、アベンジャーズという映画にもつながっていくので、まずはこの映画から見てみませんか?

 

◆ここが見どころ(以降ネタバレ含む)

トニー・スタークがとにかくカッコいい、男前で頭が良く冗談も上手い、その上ダンディで女好き。逆境に負けないタフさも持っていて、失敗にもめげずに研究を続け、そして成果を出す。このような男になりたいものである。

映像的な見どころとしてはメカメカしいシーンが多く、そこにすこぶる男子心をくすぐられた。個人的な一番の見どころはアイアンマンの装着シーン、ガチャガチャと動くパーツがトニーに装着されていく、メカ好きやロボット好きにはたまらないギミックだろう。

アクションシーンも多彩で、ゲリラとの多人数戦あり、戦闘機との空中戦あり、黒幕とのロボット同士の戦いありとかなり豪華。

 

◆総評

今回は1作目ということでアイアンマンどうして生まれたのか、何をしたいのか、という所に時間を使われているため、2時間ちょっとにしては物足りなかった。

次回作以降はそういったシーンが少ないはずなので、より楽しめるのではないかとより期待している。