ぐらはみのブログ~色々なんだりかんだり~

思ったことなど、色々なことを書いていこうと思います。

【映画レビュー】ばしゃ馬さんとビッグマウス 夢を追いかける厳しさを再確認する話

◆題名

ばしゃ馬さんとビッグマウス

 

◆主演等

麻生久美子

安田章大

 

◆あらすじ

シナリオライターを目指して頑張る34歳(この年齢は大事)のばしゃ馬さん(麻生久美子)、シナリオ大賞に応募してまた落選した、学生時代から10年以上努力をしているが形にならずにモヤモヤしている。

現状を打開できないかとシナリオスクールに再度通ってみるものの、そこで出会ったビッグマウス安田章大)、なにやら大層なことを言っているが、えっ?なにこいつシナリオ書いたことないのにこんな事言ってるの?

 

◆こんな人に薦めたい

・夢についてのお話、夢に向かっている人や夢をあきらめた人、感じるものがあるのではないでしょうか?

麻生久美子のダサカワお姉さんが凄く良い!(作品内での恋愛要素は少なめ)

 

◆ここが見どころ(以降ネタバレ含む)

物語の軸は夢に向かって努力して、でも駄目で、といった苦悩の話。

自分に才能がないと感じながらもひたすらに努力し続けるばしゃ馬さん、努力して、報われなくて、でも努力して、それが空回りして他人に迷惑をかけたりと迷走している。

友人に自分の現状を言えなくて嘘をついたりして自己嫌悪に陥ったり、誰かに慰めてほしくてつい頼ってしまうとか、この物語には僕ら凡人の苦悩が詰まっている。

 

「夢をあきらめるのってこんなに難しいの?」という主人公の問いかけは誰しもが考えることではないだろうか?

夢をあきらめずに走り続ける人、

夢をあきらめて、でも未練を感じている人、

夢についての葛藤は多くの人の心にズシリと来るのではないだろうか。

 

話の終盤はあっさりしているが、人それぞれ感じるものがあると思う、

ばしゃ馬さんのこれからをどう感じるか?

ビッグマウスくんのこれからをどう感じるか?

見た人の経験により変わってくるのではないでしょうか?

 

話がそれるが、出演者の麻生久美子のダサカワお姉さんがかなりツボに来た。

素がきれいなのにファッションに興味がない女性、とてもあざとい、でもとても良い!

これは自分の趣味だが、脳内ポイズンベリーの真木ようこなど、年上の女性を魅力的に感じることに気付いた。年下男性が年上女性に焦がれる感じ、凄く良い。

 

◆総評

題名のキャッチーさからは想像していなかった、映画を見た後の後味の重さを感じた(後味が悪いわけではない)。

見る前は恋愛ものの映画かと思っていたが、恋愛要素はかなり薄かった。

ばしゃ馬さんにだいぶ感情移入してしまい、夢の重さや夢への未練について考えさせられた。

【映画】ゴーストバスターズ2 ~彼らの5年後を見てみませんか?~

  テッテケテーテッテーテッ♪

  ゴーストバスターズ!!

 

  少し前に1を見たので気になっていた2を見ました。

  今年3が(リブート作品として)やるそうなのでそれを踏まえて。

  ゴーストバスターズって有名ですよね、一度は見ておかなくてはという考え。

 

◆題名

 

◆あらすじ

 1作目でゴーストたちからニューヨークを救ったゴーストバスターズ達。

 あれから5年がたち、ゴーストバスターズは過去のものとなった、それどころか恰好だけ昔のままで芸人の営業のようなことをやっており、子供にペテン師扱いすらされている状況。

 実は前作の後、ゴーストバスターズは数々の違法行為の責任で廃業してしまっていたのだが、ある事件をきっかけに再び活動していくこととなる。

 

◆こんな人に薦めたい

  • 2016年に3が公開予定、その予習に見ておきませんか?
  • 1作目を見て楽しめた人、5年後の彼らを見てみませんか?

 

◆感想等

  • SFコメディとのとこだが、コメディ部分以上に物語がとても良い、しっかりした物語をベースに所々笑える、といった感じかと。
  • テンポは軽快で話がサクサク進むので、退屈感はないと思う。
  • 80年代の映画なので演出の仕方、CGが古いと感じた、それも含めて楽しめる人はなお良いかも。

【映画の感想】グリーン・ランタン

グリーン(意志)の力だ!

アメコミが原作の実写映画であります。

 

~あらすじ~

主人公は腕利きの飛行機乗り、急に緑の光に包まれて吹っ飛ばされたと思ったら・・・

飛ばされた先にいた宇宙人から「君を後継者に選んだよ、よろしくね!」と言われた、

そしたら空を飛んだりイメージを実体化したり、何だかすごい力を身に着けた!

その裏では宇宙規模の危機が迫っていた・・・。

 

この映画のキーワードは「意志と恐怖」みたい、

恐れないのと勇気があるのが違うんだよ、恐怖を乗り越えられるのが勇気なんだよみたいな、物語としてはよくあるタイプかなと。

 

見どころは超能力バトルかな?指輪の力で機関銃を出したり、剣で戦ったり、道を作ったり、大きいグーを飛ばしたり。

周囲を活用して戦うシーンは見ていて、おっ!?と思った。

 

続編を匂わせる箇所があったけど、出来ていないみたい、残念。

続編が出来るならもっと超能力バトルを見てみたいな!

 

総評としては

・物語自体はよくある感じ、テンポが良いしサックリ見れる映画

・超能力バトルはカッコよかった、もっと見せ場があったら嬉しかった

【映画の感想】エクスペンダブルズ

はじめてのブログ。

よーし、これから映画をたくさん見て、たくさん感想を言えるようになるぞ!

初めはこれ!

 

「エクスペンダブルズ」

シルヴェスター・スタローン監督の映画、本人が出演もしている作品であります。

R15+指定です。

 

あらすじは、スタローン率いる傭兵部隊「エクスペンダブルズ」がとある任務を依頼され、ある小国へと赴く、といった内容。

様々なキャラクターがその得意技を駆使して次から次へとアクションをしていくシーンが続く。

投げナイフ、銃撃戦、カーチェイス、パワフルなアクション、トリッキーなアクションetc…

豪華な俳優の豪華なアクションシーン満載の映画といった感じです。

劇中の会話でシュワちゃんの「ジャングル好きだ」をはじめ、作品の所々にパロディがちりばめられており、わかる人が気付けたときにクスリと笑えるようになっている(気付けなかったのも多々あると思う)

 

感想としては

・とにかく色んな人が色々やってるアクション映画という印象

・出演者の事を深く知っていればもっとパロディに気付けて楽しめたかも。

・えっ、シュワちゃん出番短くね?!

といった感じでした。