ぐらはみのブログ~色々なんだりかんだり~

思ったことなど、色々なことを書いていこうと思います。

【映画レビュー】苦役列車(R15+指定) クソ野郎の泥のように濁った苦い青春のお話

◆題名

苦役列車(R15+指定)

 

西村賢太の小説の映画化作品であり、小説にはこの映画の続きがあるらしい。

ちょっと気になる・・・。

 

 

◆主演等

出演:森山未來

   高良健吾

   前田敦子

監督:山下敦弘

 

 

◆あらすじ

1986年のお話、北町貫多(森山未來)は19歳、父親の性犯罪により小学校の時に家族は一家離散、中学卒業から一人暮らしをしながら日雇い仕事を続けており唯一の楽しみは読書、そんな中仕事中に専門学生で同い年の日下部正二(高良健吾)に出会い、友達となる。

正二とは次第に仲良くなっていき、貫多がずっと気になっていた古本屋の女の子、桜井康子(前田敦子)とも正二を通して友達となることができた。

しかし貫多の性格や口の悪さの為か、周りが段々と離れて行ってしまい・・・。

そんな貫多の将来の夢とか恋愛とか仕事とかについての物語。

 

 

◆こんな人に薦めたい

苦しい現状をもがく若者の物語です、R15+指定なので色々と汚くエグイシーンがありますが、大丈夫な方はいかがでしょうか?

 

 

◆ここが見どころ(以降ネタバレ含む)

19歳の貫多というクソ野郎の泥のように濁った苦々しい青春の物語、見ていて映像の汚さや言葉の悪さ等にとにかくモヤモヤしたが、それを許容できる人は楽しめるのではないか。

とにかく貫多が不器用な上にクソ野郎である、酒と風俗にどっぷりで散財するわ、そのせいで家賃は滞納するわ、だから正二に金を借りるわ、何故か康子の手を舐めるわ・・・。

貫多は話をする時も粘着質で小説じみた言葉の羅列で話をするなど、こいつめんどくせぇと度々感じる、森山未來の演技が上手いからなのだろう(故のイライラ具合)。

ただそんな突き抜けたクソ野郎の貫多に羨ましさも感じた。自分はこれほど己の欲求に真っ直ぐなクソ野郎になることはできないと思うからである。

普通は相手の事を考えて、あれほど女性に自分の欲望をぶちまけることや他人に汚い言葉を吐く事というのはできないと思う、それをやってのける貫多は清々しい程のクソ野郎だ。

そんな貫多からは周囲は遠ざかっていく、正二は彼女が出来たことや貫多がその彼女に悪態をついた事などをきっかけに疎遠になるし、康子はある時を境にバイト先を辞めていなくなるし、仕事先ではトラブルを起こして職場を変えることになる。

すべては貫多の責任ではあると思う、そんな彼を堪能できる人はこの映画を楽しめるだろう。

 

◆総評

R15+指定もあってか悪い意味ではなく生々しい映画だと感じた、言葉も描写も物語も生々しい部分が多かった。

青春や苦しい現状にもがく姿にあんなに欲望に真っ直ぐになっていいのだろうか、本当に夢は報われないのだろうか、自分はどうやって生きていくべきなのか等々を考えさせられた。

【アニメ映画レビュー】茄子 アンダルシアの夏 自転車レースと地元や兄弟についての大人なドラマのお話

◆題名

茄子 アンダルシアの夏(Nasu: Summer in Andalusia)

 

◆主演等

出演:大泉洋

監督:高坂希太郎

 

初めは雰囲気からスタジオジブリの作品だと思ったが違った、監督がジブリ作品の作画監督を務めていた為にそう感じたみたい。

 

◆あらすじ

主人公、ぺぺ(大泉洋)は自転車レースで地元の南スペインのアンダルシア地方を走っており、所属している自転車チームではアシスト役としてチームメイトのギルモアを勝たせるためにサポートをしている、ギルモアから「地元だからって色気をだすなよ、今日は俺の日だ」と言われるが、ペペは「大丈夫だ、うちにかぎって言えば今日は兄貴の日だ」と返した、実は今日は兄アンヘルと自分の元恋人カルメンとの結婚式の日だったのだ。

そんな複雑な気持ちの中のレースだが、その上に偶然スポンサーからの解雇を求める声が聞こえてしまったり、チームメイトのギルモアがアクシデントでリタイアしてしまったために自分が勝ちに行くことになったりと、ペペにとって精神的、肉体的に苦しいレースが続いていく。

 

◆おすすめポイント

・50分未満で話の展開も早く、サクッと見られてギュッと詰まったアニメ映画です。

・仕事について、地元について、兄弟について大人なほろ苦さを感じる映画です。

 

◆見どころと感想(以降ネタバレ含む)

短い時間の中に自転車レースの駆け引きや熱さ、自転車レーサーとしての仕事の苦しさ、ペペの地元は兄に対してのドラマがギュッと詰まっている。

自転車レースについて詳しくなくても自転車のスピード感やレースの駆け引き、後半の追い上げなど、スピード感や迫力のある映像とテレビ中継の解説でわかりやすく説明されている。

ペペは「地元は嫌だな、遠くへ行きたい」という、ペペには自転車のトップになれる才能はないと思うしペペ自身もそれを感じていると思う、それでもレーサーとして走り続けるのは地元に引け目を感じている為(地元というか兄とカルメンにか)戻りたくないのであろう。

しかしペペが茄子のアサディジョ漬けを食べるシーンや牛の看板を見たときの顔つきは地元に戻りたくはないが嫌いというわけではないと感じる、ペペは地元を邪険に扱うが地元からは歓迎される、顔には出さないがペペもそれが嬉しいようで、地元への愛は変わらずあるのだと思う。

ペペは接戦を制し見事ステージ優勝をして軽快な音楽とともにステージで祝福されるが、その姿からは純粋な喜びだけではなく、何か大人のほろ苦さのようなものを感じさせられた。

エンディングテーマ、忌野清志郎の「自転車ショー歌」は「自動車ショー歌」の替え歌で聞き覚えのあるメロディに自転車メーカーの名前が次々と出てくる、必聴である。

 

◆総評

自転車レース、人間ドラマとしてすごく魅力的な映画だった。

スッキリした映画なので、サクッと何か見たいと思ったら最適だと思う。

【映画レビュー】アイアンマン3 トラウマ、過去の過ちと戦うイケメン天才金持ち社長のお話

◆題名

アイアンマン3Iron Man 3

 

◆主演等

主演:ロバート・ダウニー・Jr

監督:シェーン・ブラック

 

監督が1.2作目とは違う、そのためか雰囲気もガラッと変化している。

 

◆あらすじ

クロスオーバー作品「アベンジャーズ」での戦いから1年、トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は自分の会社、スターク・インダストリーを恋人のペッパー・ポッツに任せ、自分はスーツをひたすら作り続けていた。

しかしそれはこれまでの戦いの経て更なる危機への不安から不眠症パニック障害に陥っているからであり、スーツを着ていないと不安を感じ、どこへでもスーツを持ち歩くようになっていた、それは不安を紛らわすための行動だった。

そんな中、警備部長のハッピー(俳優はジョン・ファヴローで1・2作目の監督でもある、知らなかった!)は会社に来たキリアンという男性と一緒にいた男を不審に思い、尾行をする。

尾行した先でハッピーは事件に巻き込まれ重傷を負い意識不明となってしまう、それを知ったトニーは記者の前で自分の住所を公表して敵を挑発すると合わせて、ハッピーの事件を調べて手掛かりを入手する。

住所の公表後すぐに敵の襲撃され何とか逃げ出すが、ハッピーの手掛かりで事件との関係がわかったテネシー州に不時着した上にスーツが壊れてしまう。

そんな中でテネシー州を捜査した結果、ある人物が関係していることがわかる。

はたしてトニーはこの事件を解決することができるのか?そして自分のトラウマを解決することができるのか?

 

◆こんな人に薦めたい

・アイアンマン3部作の完結編とのこと、前作・前々作とみている方はいかがですか?(もしかしたら4があるかも?)

・1.2作目同様、メカニックやアクションシーンでガチャガチャ感が楽しめます、それが好きな人はいかがでしょうか?

 

◆ここが見どころ(以降ネタバレ含む)

主人公トニー・スタークが過去のトラウマや過ちと戦うお話、監督が変わったからか1.2作目と雰囲気がかなりシリアスになっている、始めは戸惑ったがこういった話の重さは過去作に無い良さだった。

アクションシーンについても前の2作品とは違った良さがあった、半分生身・半分スーツというシーンや、複数のスーツが暴れまわるシーンは新しかった。

当然ながら1・2作目からあるメカニカルな良さは健在で、新しいアイアンマン・スーツを筆頭に様々な未来的な機械が現れ、男子心がくすぐられた。

 

◆総評

映画全体のイメージはシリアスで不安を煽る暗いムードが漂っていたが、決して嫌な終わり方をするわけではない。

 

【映画レビュー】アイアンマン2 パワーアップしたアイアンマンのガチャガチャ感を楽しむお話

◆題名

アイアンマン2(Iron Man 2)

 

◆主演等

出演:ロバート・ダウニー・Jr

監督:ジョン・ファヴロー

 

当然ながら1と同じ主演、監督ですね。

 

◆あらすじ

主人公、トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は自身がアイアンマンだとマスコミに公表してから改良したスーツ(マーク4)を身にまとい、全世界の紛争に介入・鎮圧をしていた。しかしそんな行動を政府から疑問視され、スーツの引き渡しを求められてしまう。

場面は変わり、謎の男、イワンが怒っている、なんとその男はトニーの胸にあるものでアイアンマンの動力と同じアーク・リアクターを活用した独自のスーツを作っているのだった。

そんな中、トニーの体は自分を守っているはずのアーク・リアクターによって蝕まれていることが分かった。

様々な元素を試してみたが対抗策が見当たらず自暴自棄になっているが、自分の命のあるうちに「会社の事」「スーツの事」と様々な決断を下していく。

そんな中、商売敵の兵器製造会社の代表ハマーとイワンが手を組んで企んでいるようで。

 

◆こんな人に薦めたい

・アイアンマン1作目に引き続きの鑑賞、またはクロスオーバー作品があるので、そちらを見る前にいかがでしょうか?

・メカニックシーン、アクションシーンはロボット好きにはたまらないガチャガチャ感があります、いかがでしょうか?

 

◆ここが見どころ(以降ネタバレ含む)

主軸はトニーとイワン、お互いの親子の物語となっている。トニーはアーク・リアクターの改良を通じて知らなかった父親の姿を見つける、そこには知らなかった父親からの愛情を感じ、やはり父親にはかなわないと尊敬する事となる。

反対にイワンは父の姿を見て復讐心を芽生えさせ、それを元にトニーに復讐をする。

二人とも親子の事なのに、親から受け取ったものは全くの正反対である所が印象に残る。

アクションシーンが前作よりパワーアップしている、前作クライマックスのようにアイアンマンが本調子ではないから苦戦するなんてことは全くない、全力のアイアンマンが敵の部隊や親玉と激突するシーンが拝める。

物語の内容とは逸れるのだが、アベンジャーズでも出てくるナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)の棘のある冷たい目がセクシーで自分も絞め落とされたいと思うくらい良かった。短いがアクションシーンもちゃんとありスタイリッシュでカッコよかった。

 

◆総評

1作目に引き続きメカ好きにたまらないシーンが前作以上のボリュームであった。

アイアンマンは3部作との事でクロスオーバー作品もあるので、次回作やほかの作品が引き続き楽しめそう。

【映画レビュー】ナイト&デイ 謎のハンサムに連れて行かれる突然の非日常とスリルの連続(命の危険あり)のお話

◆題名

ナイト&デイ(Knight and Day)

 

◆出演等

出演:トム・クルーズ

   キャメロン・ディアス

監督:ジェームズ・マンゴールド

 

◆あらすじ

ジューン・ヘイヴンス(キャメロン・ディアス)は妹の結婚式に向かうためウィチタ空港にいたのだが、そこでハンサムな男性、ロイ・ミラー(トム・クルーズ)とぶつかってしまう、偶然?それも2度も。

さらに偶然にも?飛行機の中でまたばったり、この運命の出会いを逃すものかとアプローチをかけようと思ったのだが・・・、あれこの男、なんかやばいんじゃないのか?

飛行機内のトイレに行って戻ってきたら、なんと自分と彼以外はみんな死んでいた。

なにやら組織のもめごとに巻き込まれてしまったみたいで、他の乗客(のふりをした敵)は彼に殺されてしまったみたいだ。

そのあと薬で眠らされ、目が覚めて日常に戻った?と思ったら何者かに拉致されて、またロイに助けられる。

はたしてジューンは日常に戻ることができるのか?そしてあのハンサムは何者で何が目的なのだろうか?

 

◆こんな人に薦めたい

アクション映画でシリアスなものよりコミカルなものが好きな人、いかがでしょうか?(時々グロテスクだけど)

 

◆ここが見どころ(以降ネタバレ含む)

ナイトは夜ではなく騎士(Knight)のナイトで、ロイ・ミラーという騎士とともに過ごす日という意味でしょうか。

物語はとてもテンポが速く絶え間なくアクションが続いていく、見る人を飽きさせない作りになっている。

アクションシーンは格闘戦あり、銃撃戦あり、カーチェイスあり、バイクアクションありと盛りだくさんの内容でそのどれもが爽快である。

 

ロイの謎の能天気イケメンがとにかくカッコ良く、笑顔で次々と試練を潜り抜けていくのだが、それがまた不気味でもある。

その不気味なイケメンが「危険だから君は僕と一緒にいよう」と言いながらストーカーする様子はとてもコミカルである。

ジューンの振り回されっぷりと振り回しっぷりも豪快で見ごたえがある。

そんなつもりじゃないのに失敗したり、不運が重なってしまったり、言われた通りにしただけなのにそれが裏目にでたり、と残念な感じがすごく良い。

そしてそれを怒らずに笑顔で包み込むロイがカッコいい。

 

「一緒にいる?一緒にいない?」というセリフが前半と終わりで2度出てくるのだが、その同じ言葉なのに逆転した内容にクスリと笑わされた。

                           

◆総評

コミカルで笑顔になれるアクション映画で、テンポも良く見ごたえの良いエンディングの作品。

アクションシーンも疾走感があり、気が付いたら、エンディングといったほど入り込んでしまった。

【映画レビュー】アイアンマン 天才科学者で金持ちのイケメン社長のお話

◆題名

アイアンマン(Iron Man)

 

◆主演等

主演:ロバート・ダウニー・Jr

監督:ジョン・ファヴロー

 

◆あらすじ

主人公のトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は兵器会社の社長、アフガニスタンで自分の兵器のプレゼン中に敵に襲われた、敵の打った作ったミサイル(トニーの自社製)を間一髪よけたが、気を失った。

目が覚めたらゲリラのアジトにさらわれており、命は惜しければそこで兵器を作れと命令されるし、自分の胸には変なパーツがついておりこれで自分はなんとか生き延びていると知る。

そんな逆境の中で敵の目を盗んでその場にある資材でパワードスーツを作り、見事脱出する事が出来た。

ゲリラのアジトには自分の会社が作った兵器が大量にあり、実は兵器が横流しされ、紛争を生んでいることを知った。

トニーはもう自分の会社では兵器を作らないと公言するが、それでも裏で兵器の横流しは止まらずテロの温床となっているのを知る。

その事実に悩んだ結果、ゲリラのアジトから逃げる際に作ったパワードスーツ(マーク1)を元に改良を続け「アイアンマン(マーク3)」を製作、紛争に介入する。

そんな中、自分の会社内ではトニーを解任するという問題が出てきて・・・。

 

◆こんな人に薦めたい

・ダンディな主人公、トニースタークがとにかくカッコいい、ぜひ見てみませんか?

・アイアンマン自体に続編がある上に、アベンジャーズという映画にもつながっていくので、まずはこの映画から見てみませんか?

 

◆ここが見どころ(以降ネタバレ含む)

トニー・スタークがとにかくカッコいい、男前で頭が良く冗談も上手い、その上ダンディで女好き。逆境に負けないタフさも持っていて、失敗にもめげずに研究を続け、そして成果を出す。このような男になりたいものである。

映像的な見どころとしてはメカメカしいシーンが多く、そこにすこぶる男子心をくすぐられた。個人的な一番の見どころはアイアンマンの装着シーン、ガチャガチャと動くパーツがトニーに装着されていく、メカ好きやロボット好きにはたまらないギミックだろう。

アクションシーンも多彩で、ゲリラとの多人数戦あり、戦闘機との空中戦あり、黒幕とのロボット同士の戦いありとかなり豪華。

 

◆総評

今回は1作目ということでアイアンマンどうして生まれたのか、何をしたいのか、という所に時間を使われているため、2時間ちょっとにしては物足りなかった。

次回作以降はそういったシーンが少ないはずなので、より楽しめるのではないかとより期待している。

 

【映画レビュー】英国王のスピーチ 苦悩を友と乗り越えるお話

◆題名

英国王のスピーチ(The King's Speech)

 

映画「キングスマン」で見たコリン・ファースがとてもかっこよかった、主演作を見てみようと思い立つ、偶然ながら?この映画もキングの文字がついていた。

 

◆主演等

コリン・ファース

 

◆あらすじ

国史上最も内気な王(予告編より)、吃音に悩まされたアルバート王子(ジョージ6世)の物語、史実を基に描かれたお話。

大英帝国博覧会の閉会式でスピーチを任されたが、とても無残な結果となってしまった。父さん(現国王)は開会スピーチを、兄さん(王位継承者)は第一期閉幕のスピーチを行った、でも自分はできなかった・・・、

父さんからは兄さんが公務を怠ると、今後はお前がスピーチすることが増えていくよと言われて困っている。

吃音についての色々な治療を受けてみたけど効果はなく、あきらめていた時に、言語療法士のローグ先生に出会う、変な人だし変な治療法だけど効果はあるみたい。

アルバートとローグ先生は治療を進めるにつれて少しずつ仲良くなっていく。

その最中、国王の体調が思わしくない、戦争に突入するかも、と不安要素が増えていく・・・。

 

 

◆こんな人に薦めたい

・「知的で紳士な映画」が好きな人はいかがでしょうか?劇中の笑いも知的で物語もすごく良い。

 

◆ここが見どころ(以降ネタバレ含む)

「話せない・話すのが苦手」という王族にとって致命的な障害を乗り越えていくお話。

正直なところ自分は世界史に疎いため、100%の面白さを理解できているわけではないのだが、純粋に物語が面白く引き込まれた。

その魅力に華を添えているのが「笑い、ジョーク」の部分、物語の中では多くの場面で言葉遊びを用いた笑いがあり、所々クスリと笑わされた。

 

物語の中には兄弟の確執、家族の支え、先生との友情について描かれており、特にローグ先生との友情は大きく取り上げられている。

アルバートは様々な治療を受けて効果が無かったことで、初めからローグ先生に疑いを抱いている。

そんな出会いから始まった二人、初めは治療のために信用し合うことが大事との事で、嫌でもお互いを「バーティ」、「ライオネル」と親しみをこめて呼び合うようにしていた。

その上で後半のスピーチ後のシーンで「ローグ」「陛下」と呼び合ったところがとても印象的だった。

公私を分けている、お互いしかわからない絆を感じる合言葉のようなもの、目があった時の二人の目線にそのような印象を感じた。

 

◆総評

純粋に物語が魅力的だったが、史実をちゃんと知っていれば違うとらえ方ができるのかもしれない所が残念だった。

笑いについては爆笑!というよりはニヤッと笑う感じで、とても知的で自分好みだった。